ブラザー ガール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「どくとるマンボウ航海記」北杜夫さん

中学、高校時代、親友と二人で心酔した作家でした。
現代日本文学で最初に読んだ作家だったかもしれません。
「どくとるマンボウ航海記」は、それまで知っていた所謂純文学とは違い
こんな大人もいるんだとユーモアに溢れたとんでもな船旅の中に、
それでも自分らしく生きることを見せてくれた、
今でも私にとっては宝物の小説です。

亡くなってしまったんですね。
もう、めちゃくちゃな株取引をしたりすることもできなくなりましたね。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。